作業服(ユニフォーム)・鳶服・安全靴・各種手袋のご用達はミキヤ衣料へ

Dickies(ディッキーズ)とは?

1918年 C.N.Williamson と E.E.Dickieが、現在のWilliamson-Dickie Manufacturing company の
前身となる会社を設立。
4 年後の 1922 年に現在の社名に改組。

 二人は今まで顔を合わすこともなかったが、偶然にもいとこ同士。
この運命的な出会いをした時期のアメリカは、産業革命が飛躍的に進んでいた時代。
アメリカンドーム実現に向けて、国全体が意欲的に産業に取り組んでいるまっただ中であった。

 ウイリアムソンとディッキーはその中、アメリカ全土の「働く現場」を廻り、農夫・鉱夫ら労働者たちのそれぞれの仕事の持つ特性を調査し、ワーカーのためのウェアを作り上げた。
徹底的に労働者のニーズに応えるための尽力が反映された製品はアメリカ全土に広く浸透していった。

 40 年代には、第二次世界大戦に米陸軍の制服を生産し、その確かなものが作りが認められる。
50 年代に入るとテキサスの石油労働者向けにワークウェアを生産。
この時期に「 KHAKI 874 」が爆発的ヒット商品となる。
これをきっかけに、ヨーロッパをはじめ順次インターナショナルセールスを拡大した。

 また、これらの労働者の声を聞くという姿勢は息子の C.D.ウイリアムソンにも受け継がれ、これがディッキーズのポリシー 【 FIT YOU, FIT YOUR JOB 】の礎ともなっている。 プロフェッショナルたちのための衣料を提供する、これがディッキーズの一貫したテーマである。 仕事とは何かを考え、常にプロフェッショナルが満足のいく機能性を持たせる。

 【 THE WORKER'S CHOICE 】の称号が揚げられるのも自社の姿勢に対する自信の現れである。 オーセンティックなスタイルと優れた機能性の両立。 ワークウェアのニーズを製品に投影する努力は、現在にも受け継がれており、現在においては、ワークマーケットのみならずカジュアルマーケットでも世界的にその存在が確立されている。